手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

2010/10/05

今日はジェレミーがビッグ・サプライズがあると言うので、何だろうと考えても分かるハズもない。

昨日と同様に朝からアート・センターに行き、買ったイダキをすべてまとめて、発送のための最終の荷造りだ。

ちょうどジャルーが1本イダキを持って現れた。荷造り前のタイミングだったのでイダキにサインを入れてもらう。

ヨルングの若者が2名、一緒に車に乗込んで来た。

一人はイダキ・プレイヤーとしても優れているD.J(ドゥアカル・マリカ)、あとの一人は名前が分からなかった。

車に揺られること2時間!(もう尋常じゃない激しい揺れね!)「ケープ・アーネム」にやってきた!

海に着くとD.Jがいきなり海に走り出して、いきなり槍を投げる!な、なんと!魚を突き刺して戻って来た!

車の中から魚を見つける視力!魚を突き刺す技術!なんというヨルング(アーネムランドのアボリジニ)のパワー!

さて、ここからはお仕事!まったく遊んでばかりじゃないよ。

今回のツアーの目的は「異打樹!」のアーティスト写真の撮影とイダキの制作とヨルング・スタイルの演奏の研修だ。

快晴の空の下、哲Jさんと僕は暑いのに長ズボンに履き替え(笑)、プロモ用の写真を撮影した。

そして、ジェレミーのお勧めのイダキ・プレイヤーのリジェイからはビーチでイダキのレッスンを受けた。

まずマウス・リズムのレッスンから始まって、伝統曲を3曲ほど教えてもらった。

後半に習った曲は、もう憶えきれず、断片的だが、それでもめっちゃ勉強になったなぁ。

そして、夜には、ふたたびジャルー家に最後の挨拶に訪れた。

ラリーは庭でイダキを吹き、家の前で長老が歌を歌い、若者にイダキの指導!

ジャルー一家はビーチにいて、ウミガメを茹でていた。ウミガメを食べるという話は聞いていたが、現実に遭遇するなんて。

しかも自分が食べるなんて!卵はとても濃厚な味だ!内蔵はふつうの牛のホルモンみたいにおいしい!

塩水で茹でただけで、この味が出るなんて、自然って最高だ!

最後の挨拶を終えて、ジェレミー、哲Jさん、マーパンさんと最後のディナー。

1,2010_10_5.JPG

ジャルーがアートセンターにプラッとやって来た。そしてジャルー・イダキにサインを入れてもらったのだ。もう完全にミーハー!(笑)

3,2010_10_5.JPG

ジェレミーのビッグ・サプライズとは僕に「ケープ・アーネム」の海を見せる事だった!

その愛情深さには心から感動だ!

4,2010_10_5.JPG

なんとD.Jは走る車の窓から海を見て「ちょっと止めて!」と飛び出して行き!この魚を槍で突いてゲット!なんという視力やねん!

7,2010_10_5.JPG

これが戦勝品の魚!めっちゃでかいよ!手前の木製のグッズは槍を投げる道アボリジニの道具!

5,2010_10_5.JPG

海が美しすぎて、空が映って、上も下もブルー!

6,2010_10_5.JPG

9,2010_10_5.JPG

11,2010_10_5.JPG

12_1,2010_10_5.jpg

異打樹!のアーティスト写真のうちの1枚!

12,2010_10_5.JPG

13,2010_10_5.JPG

14,2010_10_5.jpg

15,2010_10_5.jpg

D.Jのイダキレッスン!分かりやすくて、とても勉強になった。

16,2010_10_5.jpg

17,2010_10_5.JPG

ジャルー家に戻るとウミガメの鍋が用意されていた!めっちゃ美味しい!

18,2010_10_5.JPG

19,2010_10_5.JPG

もうすっかりジャルー・ファミリーに馴染んで、最高の気分!

手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.