手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

Tour Report

2009/11/17
シンガポールへ前乗り日
久々のシンガポール。空港にはヤマハAPのアズマン氏が僕をピックアップに来てくれた。
シンガポールからは、毎年ドラムフェスティバルの案内メールが来るが、その話しをすると「このところジョジョ・メイヤーがよく来ますよ。こないだはマイク・スターンのグループでデイヴ・ウエックルが来ました。
アーティストもイエロー・ジャケットとかジョージ・デュークとか、いろいろ来てまるよ!」
そこでシンガポールのドラムシーンについて、いろいろ聞いてみる。
シンガポールでは現在プロドラマー約120人、ヘビーに稼働しているのは約30人。う〜ん、そう言われてみると日本もよく似た感じで、同じドラマーばっかり活動してるなぁ。
空港から市内に向かう道から、前にも旅日記で紹介した建設中のカジノが見える。こないだも建設中の状態を見たが、まだ出来てないやん!
聞いてみると、来年にオープンするらしい。カジノがスタートするとますます全世界の人が押し寄せて、景気がアップするのだとか。そうこうしているうちに宿泊先のコンコルド・ホテルに到着。
アズマン氏、同行のヤマハ・アジアパシフィックの佐々貴氏とミーティングを行う。
クリニックの内容、楽器の紹介の進行の細かい打ち合わせ後に、夜の街に繰り出す。
シンガポールの夜はすっかりクリスマス仕様。光のイルミネーションと怪しいサンタの人形が回っている。
おおっ!前回来た時にはなかった、日本スタイルの「まんが喫茶」も登場している。
しかも看板は日本語の表記!今、シンガではこの「まん喫」が大流行してるらしい。
さて、いざディナーに!特に名物のないシンガポールでは中華をディナーに選択。
アジア特有の水槽から新鮮な素材を取り出して調理するシステムだ。上海ガニもありまっせ!
singa09_0_1.JPGsinga09_0_2.JPGsinga09_1.JPGsinga09_2.JPGsinga09_3.JPGsinga09_4.JPGsinga09_5.JPG

2008/12/07
2008年12月7日 (日)ロンドンにて 
ZDAA(Zildjian Drummers Achievement Awards)
Stage.JPG

ジルジャン社、創立385周年を記念する特別行事「ZDAA」にVIPで招待された。
今回の「ZDAA」は、ジルジャン社、創立385周年の記念パーティーの中でジンジャー•ベイカーのドラマーとしての功績を讃えるイヴェントでもある。
僕は2階席のセンターの1ブロック目に当たる超VIP席でそれを観戦。ステージに向かって、僕の前にはジルジャンファミリー、右側には、なな、なんと!ローリング•ストーンズのチャーリー•ワッツが!
最初の舞台挨拶は社長であるクレイギー•ジルジャン、副社長のデビー•ジルジャン、そしてジョン•デクリストファー氏。
98年にボストンで開催された初回の「ZDAA」はルイ•ベルソン、ロイ•ヘインズ、マックス•ローチを讃えたイヴェントだった。第2回の「ZDAA」は2003年に開催され、スティーヴ•ガッドの功績を讃えた第イヴェント。そして今夜は亡きミッチ•ミッチェルに関係する曲が多数演奏されることと、メインのドラマーにジンジャー•ベイカーを迎えリスペクトする趣旨だ!
第1部はキース•カーロックが「PHX」をプレイ!
最初のセットから凄腕メンバーが勢揃い!ベースにトニー•レヴィン、ギターにレイ•ラッセル。選曲は、ほとんどがクリームの楽曲で、ジンジャー•ベイカーに捧げる熱演だった。
第2部は大人気のサイモン•フィリップスが登場!多点ドラムキットにオクタバンもしっかりマウントしていて、怒濤のドラムソロを期待するもグルーヴのみのプレイを披露。今日はジンジャー•ベイカー以外はドラムソロが禁止されてるのかもしれない。ホーン•セクション入りのこのセットには、今日はドラマーではなくキーボードでゲイリー•ハズバンドが加っている。そしてボーカリストのスティーヴ•マルサモを迎えて、ジミ•ヘンドリックスの楽曲を演奏しミッチ•ミッチェルに捧げた。ラストにキースを呼び込んで実現した夢のツイン•ドラムでは超懐かしいブラインド•フェイスの楽曲までが披露された。
第3部に登場するドラマーはスティーブ・ホワイト!と、そしてディープ•パープルのジョン•ロードが登場!一曲弾く間にもパープルで聴き慣れたブルーノートのフレーズのオンパレード!
さて、ジンジャー•ベイカーが登場だ。ベースにはクリームのジャック•ブルースを迎え、ジンジャーが「今からジャズをやります!」と宣言して、始まった曲は「ストレート•ノーチェサー」。
ステージ後半では、ドラマーのトニー•アレンとパーカッショニストのアバス•ドドゥーを従えて、ジンジャー得意のアフロキューバンが延々と響き渡った!
ラストにはお決まりのスタンディング•オベーション!
この歴史的なコンサートを見れてホンマに幸せな一夜だった。
*ロンドンでのお写真も楽しんでね。
アビー・ロードを渡りました。
デカい観覧車は「ロンドン・アイ」、邸宅は元ポール・マッカートニーの家。ドラム・ショップでサインをせがまれる。神保氏のもあったよ!信号も地下鉄のホームもマクドナルドも、とにかくデザインと色合いがカッコイイ。
Zildjian_family.JPG

左:クレイギー・ジルジャン社長(Craigie Zildjian)
右:デビー・ジルジャン副社長(Debbie Zildjian)
Hall.JPGtony.JPG
Keith_Simon_Kozo.JPGjhon.JPG
右上:トニー•レビン(B)Tony Levin
左下:キース•カーロック&サイモン•フィリップス&コーゾー
          Keith Carlok & Simon Phillips & KOZO
右下:ジョン•ロード(Org)  Jon Rord
AbbeyRord.JPG
London2.JPGLondon3.JPG
Londoneye2.JPGabbey_studio.JPG
Forest.JPGLondon.JPG
paul_house.JPGAqua.JPG
Marching.JPGForest2.JPG
Drums.JPGDrumshop2.JPG
CarShip.JPGStation.JPG
signal.JPGMacdo.JPG
MisticRondon.JPG


1  2
手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.