手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

Topics

2016/01/05
ドラムヘッドをアサプラ製にチェンジしました!
サウンド、レスポンス、品質、強度、安定感、どれをとっても最高のヘッドです。
asapra.JPG
P1040020.JPG

2011/09/11
神奈川県民ホール(大ホール)で開催されたアノインのコンサート!
もう何度目になるか、ありがたくもご指名いただき、参加させていただいてます。
今回のサポートメンバー
つづらのあつし(Sax)、菅沼孝三(Ds)、やじまゆうじ(B)、
木幡光邦(Tp)、北原雅彦(Tb)、岡本洋(Pf) 。
リーダー:河原美由紀  General Manager:奥村信彦
11:09:11_1.JPG
サウンドチェックが開始された!神奈川県民大ホールにブラスセクションのサウンドがパワフルに響く!
左端がバンマスのつづらのあつし氏!音大時代からの悪友で、その後ビッグバンドでも数年間、一緒に活動した。今ではボーカルのChiaちゃんでも共演させてもらってます。
11:09:11_2.JPG
トランペットの木幡氏はシャープ&フラッツのセカンド・トランペット。
トロンボーンの北原氏は東京スカパラダイスオーケストラのメンバーとしても有名!!
11:09:11_3.JPG
11:09:11_4.JPG
ベースのやじまゆうじ氏!若手の凄腕ベーシストだ。
11:09:11_5.JPG
ドラムセット、土地を取り過ぎやん!ごめんなさ〜い!
11:09:11_7.JPG
照明さんも入ってリハーサル!
11:09:11_8.JPG
ピアノの岡本洋氏も大阪時代からのバンド仲間だ!
11:09:11_9.JPG
11:09:11_10.JPG
11:09:11_11.JPG
今回も数百人のクワイアとバンドをまとめるリーダーの河原美由紀さん。
そのオーラで全員が引き込まれ、いいボーカル、いいプレイが飛び出すというカリスマ的な方だ。
11:09:11_12.JPG
このイベントすべてを取り仕切る最高責任者!代表の奥村信彦氏!
やさしく、厳しく、スタッフや出演者を指揮している。
11:09:11_13.JPG
本番さながらなランスルーがスタート!
11:09:11_14.JPG
11:09:11_15.JPG
11:09:11_16.JPG
11:09:11_17.JPG
11:09:11_18.JPG
11:09:11_19.JPG
ピアノのモッチー、超かわいいです。
11:09:11_20.JPG
いよいよ本番がスタート!!会場は超満員!!
11:09:11_21.JPG
11:09:11_22.JPG
11:09:11_23.JPG
11:09:11_24.JPG
11:09:11_25.JPG



2011/06/13
drakon2011.JPG
2年に一度のコンテストの時がやってきた!
リットーミュージック主催!最強プレイヤーズ・コンテスト2011!
今年はワタシ、菅沼孝三が課題曲&審査員を担当。
全国から多くのドラマーの熱い演奏を期待します。
最終審査は「2011 楽器フェア」の会場にてライブ形式で行われるのだ。
音源、楽譜はドラマガで本日、発表されているが、楽譜に少々誤植があり申し訳ありません。
タイが抜けてたりしてます。
以下の楽譜が正しいです!
ドラコン用の特設サイトも開設されています!
そちらにも正しい楽譜と応募の詳細があります!

What goes around come around.jpg
こちらはワタシ菅沼孝三本人がレコーディングの時に使った手書きの楽譜!
What goes around come around2.jpg

2010/10/06

ほんの数日間だったが、夢のようなアーネムランドの滞在も今日で終わり。

ジェレミー、哲Jさん、マーパンさん、ジャルー・ファミリー、ノンゴ・ファミリー、ホンマにありがとう!!

今回のツアーは特に哲Jさんのお力なくして、あり得なかった。

11月に始まる僕と哲Jの「異打樹!」のツアーでは、ますます男の

絆が深まった最高のデュオをお聴かせ出来る事だろう!

さて、そろそろ僕も現実に戻って社会復帰しなければならない。

帰国したら、もう仕事は山積みだろうなぁ。

旅中も、メールでドラマガ編集部と、次号の「ハイテク変態ドラム講座」の打ち合わせが始まっている。

そしてドラマガ・フェスティバルのキッズのバトルの指導も待っている。

今回アーネムランドで吸収したヨルング・パワーが今後の僕のドラミングにもきっと反映する事だろう!

1,2010_10_6.JPG

最後の荷造り完了!ミニ・ディジュリドゥとペイント・ディジュリドゥ・ボックスはスーツケースにスッポリと入った!

2,2010_10_6.JPG

空港にもアボリジナル・アートがっ!

3,2010_10_6.JPG

この小さな飛行機で飛ぶのだ!さらばアーネムランド!またきっと来るぜっ!


2010/10/05

今日はジェレミーがビッグ・サプライズがあると言うので、何だろうと考えても分かるハズもない。

昨日と同様に朝からアート・センターに行き、買ったイダキをすべてまとめて、発送のための最終の荷造りだ。

ちょうどジャルーが1本イダキを持って現れた。荷造り前のタイミングだったのでイダキにサインを入れてもらう。

ヨルングの若者が2名、一緒に車に乗込んで来た。

一人はイダキ・プレイヤーとしても優れているD.J(ドゥアカル・マリカ)、あとの一人は名前が分からなかった。

車に揺られること2時間!(もう尋常じゃない激しい揺れね!)「ケープ・アーネム」にやってきた!

海に着くとD.Jがいきなり海に走り出して、いきなり槍を投げる!な、なんと!魚を突き刺して戻って来た!

車の中から魚を見つける視力!魚を突き刺す技術!なんというヨルング(アーネムランドのアボリジニ)のパワー!

さて、ここからはお仕事!まったく遊んでばかりじゃないよ。

今回のツアーの目的は「異打樹!」のアーティスト写真の撮影とイダキの制作とヨルング・スタイルの演奏の研修だ。

快晴の空の下、哲Jさんと僕は暑いのに長ズボンに履き替え(笑)、プロモ用の写真を撮影した。

そして、ジェレミーのお勧めのイダキ・プレイヤーのリジェイからはビーチでイダキのレッスンを受けた。

まずマウス・リズムのレッスンから始まって、伝統曲を3曲ほど教えてもらった。

後半に習った曲は、もう憶えきれず、断片的だが、それでもめっちゃ勉強になったなぁ。

そして、夜には、ふたたびジャルー家に最後の挨拶に訪れた。

ラリーは庭でイダキを吹き、家の前で長老が歌を歌い、若者にイダキの指導!

ジャルー一家はビーチにいて、ウミガメを茹でていた。ウミガメを食べるという話は聞いていたが、現実に遭遇するなんて。

しかも自分が食べるなんて!卵はとても濃厚な味だ!内蔵はふつうの牛のホルモンみたいにおいしい!

塩水で茹でただけで、この味が出るなんて、自然って最高だ!

最後の挨拶を終えて、ジェレミー、哲Jさん、マーパンさんと最後のディナー。

1,2010_10_5.JPG

ジャルーがアートセンターにプラッとやって来た。そしてジャルー・イダキにサインを入れてもらったのだ。もう完全にミーハー!(笑)

3,2010_10_5.JPG

ジェレミーのビッグ・サプライズとは僕に「ケープ・アーネム」の海を見せる事だった!

その愛情深さには心から感動だ!

4,2010_10_5.JPG

なんとD.Jは走る車の窓から海を見て「ちょっと止めて!」と飛び出して行き!この魚を槍で突いてゲット!なんという視力やねん!

7,2010_10_5.JPG

これが戦勝品の魚!めっちゃでかいよ!手前の木製のグッズは槍を投げる道アボリジニの道具!

5,2010_10_5.JPG

海が美しすぎて、空が映って、上も下もブルー!

6,2010_10_5.JPG

9,2010_10_5.JPG

11,2010_10_5.JPG

12_1,2010_10_5.jpg

異打樹!のアーティスト写真のうちの1枚!

12,2010_10_5.JPG

13,2010_10_5.JPG

14,2010_10_5.jpg

15,2010_10_5.jpg

D.Jのイダキレッスン!分かりやすくて、とても勉強になった。

16,2010_10_5.jpg

17,2010_10_5.JPG

ジャルー家に戻るとウミガメの鍋が用意されていた!めっちゃ美味しい!

18,2010_10_5.JPG

19,2010_10_5.JPG

もうすっかりジャルー・ファミリーに馴染んで、最高の気分!

1  2  3  4  5
手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.