手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

Percussion

2009/05/04
カリンバ KALIMBA
この小箱に金属の舌を固定した楽器は「サンザ」とか「サム・ピアノ」というネーミングでも親しまれている。
上段写真の右側は京都のカリンバ奏者であるロビン氏から譲り受けたタンザニアの「カリンバ」。
ロビン氏は実際にアフリカに行き、カリンバを勉強した本物のカリンバ奏者だ!
90年代は山田晴三氏、ロビン氏、KOZOの3人で「しあわせの小箱」カリンバ・トリオを結成してライブ活動していたのも懐かしい。
真ん中後方の巨大な楽器はジンバブエの「ニュンガ・ニュンガ(デゼ付き)」
その前は「ンビラ(日本ではムビラと呼ぶ)」。
左側はLPの楽器としてのカリンバ!丸いヤツはヤシの実をカリンバにしたおもしろい楽器!
ひょうたん型のカリンバはパチカの名人の吉田ケンゴ作。
写真中段の美しいカリンバは宮下昌也氏作のペイント・カリンバ!
写真下段は2009年に京都RAGでロビン氏と再会したときの写真。
kalimba.JPG
Kalimba_miyashita.JPG
Robin.JPG
                                      ロビン氏とKOZO

2009/05/04
マサイ族の太鼓 MASAI Drum
この太鼓は実際にアフリカのマサイ族から譲り受けたものだ。
彼らの間では「富」や「男の甲斐性」は通帳の残高や資産ではなく、牛を何頭所有しているかが勝負らしい!
この太鼓はシェルからヘッドまですべて牛革で出来ている。
白黒の牛皮がかわいい!
masai.JPG
masai_a.JPGmasai_b.JPG

2009/05/03
ジャンベ Djembe
もはやパーカッションの定番ともなった「ジャンベ」!
チューニングなどのとり回しを考えるとレモ製が圧倒的に便利。
しかしレコーディングやセッションなどで、本当の民族色がほしい場合は動物皮のリアル・ジャンベだよね。
上段はレモ製、15インチ、14インチ、13インチ。
下段は宮下昌也氏のアートが入ったリアル・ジャンベ。
チューニングはパチカの名人である河野玄米麹氏。
REMO_Djembe_set.JPG
Real_Djembe.JPG

2009/05/03
ジュンジュン JunJun
セネガル(アフリカ)の民族太鼓をレモ社が楽器としてリリースした。
といっても古い話しで、90年代に個人輸入したのだが。
「ジュンジュン」「ドゥンドゥン」「ドゥンヌン」とかいろんな呼び名があるが、3点セットの場合、大きい方から「ジュンジュン」「サンバン」「ケンケニ」と呼ぶ。
アフリカでは横置きして、上にアフリカンベル(写真下段)を載せて鉄の棒でプレイ。
この楽器担当が3名で、あとジャンベがメインとバッキングで2名というアンサンブルが標準的。
junjun_set.JPG
African_bell.JPG

2009/05/03
テンガ Tenga
アフリカのウガンダのテーブル型ドラム「テンガ」!
サイズは巨大で30インチ以上もある重低音の太鼓だ!
叩き方は推測の域を脱しないが、複数でワイワイ叩いてジャムったりもありかも。
まるで部屋に動物がいると錯覚するほど動物のオーラがある。
Tenga.JPG
tenga2.JPGtenga3.JPG


1  2  3  4  5  6  7  8
手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.