手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

2010/10

2010/10/05

今日はジェレミーがビッグ・サプライズがあると言うので、何だろうと考えても分かるハズもない。

昨日と同様に朝からアート・センターに行き、買ったイダキをすべてまとめて、発送のための最終の荷造りだ。

ちょうどジャルーが1本イダキを持って現れた。荷造り前のタイミングだったのでイダキにサインを入れてもらう。

ヨルングの若者が2名、一緒に車に乗込んで来た。

一人はイダキ・プレイヤーとしても優れているD.J(ドゥアカル・マリカ)、あとの一人は名前が分からなかった。

車に揺られること2時間!(もう尋常じゃない激しい揺れね!)「ケープ・アーネム」にやってきた!

海に着くとD.Jがいきなり海に走り出して、いきなり槍を投げる!な、なんと!魚を突き刺して戻って来た!

車の中から魚を見つける視力!魚を突き刺す技術!なんというヨルング(アーネムランドのアボリジニ)のパワー!

さて、ここからはお仕事!まったく遊んでばかりじゃないよ。

今回のツアーの目的は「異打樹!」のアーティスト写真の撮影とイダキの制作とヨルング・スタイルの演奏の研修だ。

快晴の空の下、哲Jさんと僕は暑いのに長ズボンに履き替え(笑)、プロモ用の写真を撮影した。

そして、ジェレミーのお勧めのイダキ・プレイヤーのリジェイからはビーチでイダキのレッスンを受けた。

まずマウス・リズムのレッスンから始まって、伝統曲を3曲ほど教えてもらった。

後半に習った曲は、もう憶えきれず、断片的だが、それでもめっちゃ勉強になったなぁ。

そして、夜には、ふたたびジャルー家に最後の挨拶に訪れた。

ラリーは庭でイダキを吹き、家の前で長老が歌を歌い、若者にイダキの指導!

ジャルー一家はビーチにいて、ウミガメを茹でていた。ウミガメを食べるという話は聞いていたが、現実に遭遇するなんて。

しかも自分が食べるなんて!卵はとても濃厚な味だ!内蔵はふつうの牛のホルモンみたいにおいしい!

塩水で茹でただけで、この味が出るなんて、自然って最高だ!

最後の挨拶を終えて、ジェレミー、哲Jさん、マーパンさんと最後のディナー。

1,2010_10_5.JPG

ジャルーがアートセンターにプラッとやって来た。そしてジャルー・イダキにサインを入れてもらったのだ。もう完全にミーハー!(笑)

3,2010_10_5.JPG

ジェレミーのビッグ・サプライズとは僕に「ケープ・アーネム」の海を見せる事だった!

その愛情深さには心から感動だ!

4,2010_10_5.JPG

なんとD.Jは走る車の窓から海を見て「ちょっと止めて!」と飛び出して行き!この魚を槍で突いてゲット!なんという視力やねん!

7,2010_10_5.JPG

これが戦勝品の魚!めっちゃでかいよ!手前の木製のグッズは槍を投げる道アボリジニの道具!

5,2010_10_5.JPG

海が美しすぎて、空が映って、上も下もブルー!

6,2010_10_5.JPG

9,2010_10_5.JPG

11,2010_10_5.JPG

12_1,2010_10_5.jpg

異打樹!のアーティスト写真のうちの1枚!

12,2010_10_5.JPG

13,2010_10_5.JPG

14,2010_10_5.jpg

15,2010_10_5.jpg

D.Jのイダキレッスン!分かりやすくて、とても勉強になった。

16,2010_10_5.jpg

17,2010_10_5.JPG

ジャルー家に戻るとウミガメの鍋が用意されていた!めっちゃ美味しい!

18,2010_10_5.JPG

19,2010_10_5.JPG

もうすっかりジャルー・ファミリーに馴染んで、最高の気分!

2010/10/04

今日はダリンボイを訪ねる予定だ。

ダリンボイにはノンゴ、ミルワンガ、ビビバク、ヤリなど、多くの素晴らしいイダキ職人が住んでいる。

まずジェレミーが観光局で正規に申請し、許可が下りた。

今日、向かうダリンボイは僕らを含め、日本人は今までに4人、ヨーロッパの人が3人しか訪れた事がないという秘境だ。

そして、今回の僕らの訪問が最後で、今後入る事はますます難しくなるらしい。

舗装されていない道路を走ること1時間(以前はもっと道路が悪く2時間かかっていたらしい)でノンゴさん宅に到着。

壁にズラリと立てかけてある奇麗なイダキはアートセンターに出荷するイダキ!

ひゃ~っ!吹いてみると全部最高の音質!

「イダキ・カッティングに出かけるぞっ!」とノンゴさん。息子、甥っ子たちが乗り合わせ、いきなりブッシュに向かった。

30分ほど走っただろうか、もう道なき道を行く!ジェレミーがスイスイとブッシュの中を運転するのがホンマに不思議だ。

なんで方向と道が分かるのか?よ~く見ると、ほんの少しだけ微妙にワダチがあるのね。

こりゃ知ってる人しか運転出来ないわ。

ずっとユーカリの森と蟻塚が延々と続き、イダキのカッティング・ポイントに到着!

さっそくノンゴさんからカッティングのコツを教えてもらう。

斧でカッティング、のこぎりで切断。

切り口にはシロアリがいっぱい!すでに中はシロアリが食って空洞で、吹き口がジャスト・サイズの穴の木も多く、そのまま吹いても、いい音だ!

切るたびに放置して、どんどんブッシュの奥へと進んで行く。

あまりの重労働にリタイアした僕は(早っ!)、子供たちが、自分で小さい木をカットしてイダキを制作しているのを見学。

その作業する手つきは、とても手慣れていて、ハンマーで叩きながら皮を剥ぎ、表面をキレイにして行く。

口ずさんでいるのはトラッドのマウス・リズム「ティプ・トロントロン...♪」。

たまに試し吹きをしながらノミと棒状のヤスリで内部を広げて仕上げて行く。

その試し吹きの上手さには超ビックリ!もう本物のヨルングのトラッドなのだ。

ノンゴさんの甥っ子のイバンくん(10才)がメインで作るこのキッズ・イダキはどんどん音が良くなり、帰る頃には最高の仕上がりに!

子供たちが順番にプレイするが、そりゃもう素晴らし過ぎる。

さて、最後にブッシュでカットしたユーカリの木を担いで車に戻るが、この原木は1本10キロくらいあってメッチャ重い。

たった2本担いで歩いても20キロだからね。

ノングさんの家に戻って、さっそく表面の皮を剥がし、イダキ制作が始まる。

僕のカットした木も、手を加えてもらい、見る見る仕上がって行く。

ある程度仕上がったところで、全体を水洗い。中に水を入れた後に1曲吹いてくれた。

自分のカットしたイダキからこんな素晴らしいサウンドが出るなんて、ホンマに感激だ!

ジャルーのところではグラインダーなどの電動の工具が使われていたが、ここでは全部ノミやナイフの手作業のみで進めて行くのだ。

さて、子供たちの作ったキッズ・イダキは僕も試し吹きをさせてもらいながら作ったので、そのサウンドの良さを知っている。

ノングさんに交渉すると、なんと売ってもらえる事に!

ダリンボイを後にして、イリカラのアートセンターまでノングさんのイダキたちを運んだ。

なんと!そこにブルースさん夫妻が登場!

ブルースさんはイダキ界のスーパー・スターで、最高級のイダキを作る職人だ。

納品されたイダキの中からナンバーワンと思われるイダキをマーパンさんがゲット。

僕は儀式用っぽいサウンドでミンチ(家紋のような神聖な模様)の入った最高級イダキをゲット。

そして、夜にはまたまたジャルー家に訪れた。

ペイントをお願いしていたイダキをピックアップすべく訪れたが、ジャルーの妹のセルマが僕に絵を描いてくれたという。

ジャルーの向かいの家に行ってみると、僕がラリーから買ったワニ(BALU)のイダキにちなんでワニの絵を描いてくれていた。

帰り際に、ご近所に住むヴァーリン(ミルメニア)さんに会い、オーカのクロス・ハッチで埋め尽くされヘビ(BAPI)が描かれたイダキをゲット。

前からこの人のイダキが欲しかったのよ。日本ではあまり売られていない希少なイダキなのだ。

夜ホテルに戻ると、部屋には哲Jさん、マーパンさん、僕のゲットしたイダキがズラリ!

部屋に入って来たジェレミーが「オーッ!イダキ・パラダイス!」と言って笑っていた。

1,2010_10_4.JPG

観光局のそばにもヤシの木がふつうに生えている。

2,2010_10_4.JPG

受付の横にはめっちゃ古いイダキが!

3,2010_10_4.JPG

この道を右折するとミルワンガ、ノンゴなどのイダキ職人の住む「ダリンボイ」!

4,2010_10_4.JPG

ノンゴさんの家の壁に立てかけられたイダキ!アートセンターの仕入れ用のイダキらしい。

どれも素晴らしくて、ハズレのものはない。

5,2010_10_4.JPG

ノンゴさんからカッティングの極意を学ぶ!

6,2010_10_4.JPG

いよいよカッティング開始!遠心力を使ってトントントン!けっこう重労働だ。

7,2010_10_4.JPG

中はシロアリが食って空洞なので、わりと早く切れた!菅沼くうどう(笑)。

8,2010_10_4.JPG

この白い生き物がユーカリの内部を食べるシロアリ!!わりと大きい!!

10,2010_10_4.JPG

こんどは寝かせた木を横から斧で切る!つーか、いろんな角度から叩いて切断!

9,2010_10_4.JPG

切断した断面!!

12,2010_10_4.JPG

ノコギリで断面を真っすぐに!全長は適度な長さになる。

11,2010_10_4.JPG

重っ!このまま吹いてもいい音が出た!!

13,2010_10_4.jpg

キッズたちは、小さめのユーカリをカットして、さっそくイダキ制作に入っている!

14,2010_10_4.JPG

これ、全部イダキの木(ユーカリ)だよっ!

15,2010_10_4.JPG

バッファローもふつうに登場!ジェレミーが言うには、これを見るとラッキーらしい。

16,2010_10_4.JPG

景色が少し変わって、アバターの森とそっくりな場所!

17,2010_10_4.JPG

滝壺があった!水が超キレイで、中には小さな魚たちがいっぱい!

18,2010_10_4.JPG

持ち帰った原木を使って、ノンゴさんがさっそくイダキ制作に入る!

19,2010_10_4.JPG

運転席側がジェレミーの手、助手席側が哲Jさんの手!あ〜楽しかった!

20,2010_10_4.JPG

アートセンターには、あのイダキ職人の巨匠!ブルースがっ!なんかワシら顔が似てる!

21,2010_10_4.JPG

ジャルーの娘のセルマが、僕にワニの絵を描いてくれた!持ってるのはヨーチン!



2010/10/03

今日はジャルーの妹のダンガルと一緒に釣りに行く約束だった。

ジャルーの家に着くと、ジャルーがまた新しいイダキを作るべく、イダキのシェイブをしている。

よく見ると昨日、僕がプレゼントしたオークリーのサングラスをしているではないか!

気に入ってくれてありがとう!!

近くに呼ばれ、グラインダーの電源を刺し換えたり、コンセントの元スイッチを入れたりとジャルーのお手伝いまでして、ホンマに感激だ。

「このイダキ吹いてみろ!」と渡され、試し吹きを何度もさせてもらい、ジャルーが削ってチューニングするたびに音色がどんどん良くなって行くのを体験させてもらった。これは、まさに奇跡的なチューニングの技術だ!

そうこうしているうちに「さあ、釣りに出かけるで~っ!」とダンガル(ジャルーの妹)がリーダーで、ご近所さんのアボリジナルのファミリーも車に乗り合わせてビーチに出発。

しかし何度か「当たり」はあったものの一匹も魚は釣れず、、。

ビーチから戻ると、ドフィアがイダキにペイントの作業中だ!

僕のリクエストしたワニも描き上がり、次のイダキにはどんどんラインが描かれて行く!

これにはどんな柄が入るのか!

0,2010_10_3.JPG
めっちゃ働き者のリナ!いつも何かと働いている!
1,2010_10_3.JPG
ジャルーがイダキのシェイヴ中!
2,2010_10_3.JPG
グラインダーの電源を刺したり、抜いたりお手伝いしていると「ホレッ!ちょっと吹いてみろ!」とジャルー
3,2010_10_3.JPG
少し削るたびに音がどんどん良くなる!
まさにジャルー・マジック!ホンマのカリスマ職人だ。
4,2010_10_3.JPG
ジャルーも大満足のこのスペシャルイダキ!ディンカムにアップされるんだろうなぁ。
あ〜欲しい!
6,2010_10_3.JPG
釣り道具は竿なしの投げ釣り!糸、錘、針、餌のみで釣るのだ!
7,2010_10_3.JPG
8,2010_10_3.JPG
哲Jさんも、投げ釣り開始!!
9,2010_10_3.JPG
この岩も赤色のオーカ(石絵の具)が作れる!
10,2010_10_3.JPG
倒れた木の根っこが露出している。なんか昔の「猿の惑星」みたいに自由の女神とか埋まってそうなビーチだ!
11,2010_10_3.JPG
12,2010_10_3.JPG
ダンガルも根気よく釣りしている!「当たり」はあるらしいが、まだ釣れない、、、。
13,2010_10_3.JPG
マーパンさんも魚の「当たり」を待つ!
14,2010_10_3.JPG
ボンネットの左に、いきなりトカゲが乗って来た!!めっちゃカワイイ!
15,2010_10_3.JPG
これは僕のゲットしたイダキ!ラリー作で、ドフィアがペイント!この隙間に細かいクロスハッチがくまなく入る!


2010/10/02

今日のスケジュールは午前にイリカラに向かうこと。アート・センターでいろんなイダキやアートを見るのは最高に楽しみだ!

そして午後からは、いよいよ今回のツアーのメイン!ジャルー家に訪れることだ。

ジャルーの家に辿り着くと、ジャルー、息子のラリー、奥さんのドフィア、妹のダンガル、全員在宅だった。

5年ぶりに会うジャルー・ファミリーはとても元気そうで、長髪のジャルーは超カッコいい!

さっそくスゴいクオリティのイダキがたくさん登場し、そりゃもうジャルーもラリーもイダキを吹いてくれて大歓迎していただいた。

前回ジャルーに会った時にも体験させてもらったが、僕にイダキの先端を持たせて、胸に向かって「魂の注入」みたいにイダキを吹いてくれた。

ジャルーの音魂は僕の全身を包み込み、鳥肌が立つほど最高の瞬間だった。

そして、そのバイブレーションで僕の身体のすべてが浄化されていく気がした。

0,2010_10_2.JPG
リックさん宅でくつろぐ哲Jさん。夜にもお邪魔して「オージー・ポーカー」で遊んだ!
1,2010_10_2.JPG
この絵は、なんとジャルー作!こんな絵も描けるのだ。
2,2010_10_2.JPG
いよいよイリカラへやってきた!
3,2010_10_2.JPG
4,2010_10_2.JPG
海もめっちゃキレイ!海岸の赤い岩はオーカ(石絵の具)の赤色になるらしい。
5,2010_10_2.JPG
まだオープン前のイリカラ・アートセンター
6,2010_10_2.JPG
ショールームにはアートがズラリ!
7,2010_10_2.JPG
中庭にもアートが!アロワナの形のくり抜きは何だろう?
8,2010_10_2.JPG
これは儀式の最初に吹くためのイダキだってさ。
10,2010_10_2.JPG
ついにジャルーと5年ぶりの再会!本当に感動の瞬間だった。ジャルーとラリーの息子のババコ。
9,2010_10_2.JPG
ラリーも在宅で、イダキのサウンドをいっぱい聴かせてくれた。ホンマに素晴らしすぎる!
11,2010_10_2.JPG
ジャルー家のスグ裏のビーチ!海もめっちゃキレイ!
12,2010_10_2.JPG
いたるとことにホワイト・カカトゥ(白オウム)はいる!


2010/10/01

ディジュ・フェスタを無事終えたジェレミー・クロークと哲Jさん、そしてワタシKOZO+マーパン(喜秀)さんで、かねてから計画していたアーネムランド・ツアーに出発した。

哲Jさんとジェレミーの計らいもあり、とにかく5年ぶりにジャルーに会えるチャンスが訪れたのだ。

9月30日に成田を飛び立った我々は、機内泊後に、10月1日の早朝ケアンズに到着!

そして、乗り継ぎのゴーブ行きの便の出発が夜のため、一先ずケアンズの街で朝食!

夜のフライトまで時間がいっぱいあるのでキュランダの街に移動してディジュショップを散策。

午後から再びケアンズに戻り、トムさんと合流!いろんなディジュショップを視察。

そして、夜の国内線で飛ぶ事2時間、遂にノーザン・テリトリーのあるゴーブ空港に着いた。

1,2010_10_1.JPG

木の上の葉っぱの塊は実は蟻の巣なのだ!

2,2010_10_1.JPG

キュランダの「バロンの滝」!この時期は水が多く迫力があるが、干やがっている時期もあるらしい。

baalon_waterfoll.JPG

マーパンさんとワタシ!「亀vsアントニオ猪木」風。

3,2010_10_1.JPG

4,2010_10_1.JPG

5,2010_10_1.JPG
キュランダのディジュリドゥ・ショップ!船みたい!
7,2010_10_1.JPG
キュランダのディジュリドゥ・ショップ。お店の前ではアボリジニがディジュリドゥを演奏している!
8,2010_10_1.JPG
このあたりで購入したディジュリドゥ!スタイル抜群!しかし長さは72.5センチ!ブブゼラかいっ!(笑)作りは本格的で真面目にユーカリをシェイヴして作られている。超カワイイ。
10,2010_10_1.JPG
ケアンズの新しいディジュリドゥ・ショップ。
11,2010_10_1.JPG
ケアンズのディジュリドゥ・ショップの有名店「ユニバーサル・ジョイント」!
12,2010_10_1.JPG
憧れのアーネムランド!ゴプ空港に到着!めっちゃ小さい空港だ。写真がターミナルのすべて!数年前はただの小屋だったとか。
13,2010_10_1.JPG


1  2
手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.