手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

2009/11

2009/11/21
バンコク ドラムコンペティション本番
バンコクでは初となるドラムコンペティション!以前はインドネシアで同名のイベントの審査員とゲスト演奏を務めたが、ドラムって、やっぱり格闘技のイメージがあって、このような戦いは本当に盛り上がる!
「音楽は勝ち負けです!」とハッキリ優劣をつけて賞金まで出してしまうのだから、もう絶対負けたくない!て感じで、始まる前から各選手、いや各ドラマー同士で火花が散ってるのだ。僕の仕事はドラムコンペティションで演奏するドラマー全員の演奏をジャッジ!
到着後にいきなり雑誌の取材からTVの取材まで入る。このコンペティションの趣旨や審査基準などを聞かれる。
さて、このコンペティションは2つの部門に別れている。「生ドラム部門」と「エレドラ部門」。
内容は、まず個人技能を発揮すべくドラムソロ!次にアンサンブルの力を試すベースとデュオでのインプロヴィゼーション。

自分の好きなグルーヴをベーシストに伝えておいて、軽い打ち合わせの後に一緒にプレイするというものだ。このアイデアは意外と素晴らしかった!

長丁場のため、ベーシストは2名が分業して行う。

ベーシストのお姉さん(Fai さん : Narissarin Janpraisri)は見た感じギャル。

「絶対領域」を通り越えて、足をほとんど露出!と、そんな情報はいらないが、ベースはめっちゃうまくてスラップからロックのツーフィンガーのプレイも素晴らしい。

ちょっとクールなフュージョン系の男性ベテランベーシスト(Papさん: Mr. Viroj Satapanawat)はバカテク!

高速スラップはもちろん、今のコンテンポラリー系のアプローチはなんでも弾けるだろう。
二人のベーシストの名前が分かる方、是非教えてね。分かり次第更新しま〜す!
さあ!コンペティションがスタート!昨日のクリニックで死ぬほど質問をしていたドラマーたちも勢揃い。たった一日で、そのアドバイスを生かしたプレイをしてしまう彼らはホンマに前向きだ。
4枚目の写真の子、めっちゃ菅沼道昭にそっくりで、笑ってしまいました。
時間が進むにつれて、あることに気がつく。予定表に休憩時間を取っていないのだ。
ブッ続けで審査して、舞台転換の合間が来たのでトイレに行こうとしたら、いきなりステージから「抽選会の抽選を引いてください!」小さい番号札を引かされ、プレゼンテーターになる。ラッキードローの担当だったのね。お客さん対象のこの出し物。賞品はTシャツからスネアドラムまで豪華で、みんな大喜び!
さらに後半戦の全員の演奏が終わって、僕のデモ演奏までのセッティング時間を取っておらず、これまたいきなり「KOZO SUGANUMA!」と呼び出されて「いきなりかいっ!」と日本語で応戦!あたふたと5分くらいでセッティング後にいきなりデモ演奏。
そして、演奏後に審査の集計と判断。これもいきなり審査に入った。大阪並みのせっかちさ!大阪では「イラチ」と呼ぶ。
いよいよ審査発表!
なんと賞金の金額は高額!この賞金を生活費に充てるのか、ドラムグッズを買うのかは知らないが、とにかく笑顔!笑顔!
表彰して金額の入ったプレートを渡しているスーツ姿のダンディーな男性はヤマハAPの成松氏。現在ではこちらの会社の社長も兼任されている。以前は台北や中国でもお世話になりましたっ!
この夜は総打ち上げ!タイのスタッフとともに楽しいディナー!食後には佐々貴氏、成松氏とともにオイルマッサージの2時間コースに行った。やはりタイ古式マッサージは最高よ。でも絶命寸前だったため、ほとんど寝てしまいマッサージされた記憶がない。あ〜もったいない。
1_1,thai09conpe_punflet.JPG1_2,thai09conpeinterviw.JPG1_3,thai09meeting.JPG2,thai09conpe_judge.JPG3,thai09conpe_kids.JPG4,thai09conpe_michiaki.JPG5,thai09conpe_basswoman.JPG6,thai09conpe_withbass.JPG7,thai09conpe_withbass3.JPG8,thai09conpe_bassman.JPG9,thai09conpe_middle.JPG10,thai09conpe_middle2.JPG11,thai09conpe_lucky1.JPG12,thai09conpe_lucky2.JPG13,thai09conpe_lucky3.JPG14,thai09conpe_kozo_thai_stage.JPG15,thai09conpe_kozo_thai_stage_didge.JPG16,thai09conpe_kozo_thai_stage2.JPG17,thai09conpe_judge2.JPG18,thai09conpe_hyoshyo.JPG19,thai09conpe_hyoshyo2.JPG20,thai09conpe_hyoshyo3.JPG21,thai09conpe_hyoshyo4.JPG22,thai09conpe_AllStuff.JPG

2009/11/20
バンコクでドラムクリニック。
朝10時にロビー集合。
会場である「Groove」に入る。まずはセッティングとチューニング。
そしてランチは歩いて行ける近場のレストランへ!
このお店は雑誌とかにも出て、国からも表彰されているという近所の食堂!この煮込んだ鍋の中のスープに麺を入れて食べるっす!もう美味しすぎっ!
タイの町並みはとてもいい感じ!路上ではミシンをかけるオバさんが服の補修、リフォームを速攻でやってくれる。
会場に戻ると、10年来のお友達のSoo(スー)さんが現れて「コーゾー!遊びに来たよ!」と再会。彼は以前、マクドナルドのCMに出演したこともあり、タイでは超有名人。「ドラム・テック・センター」というドラムショップも経営している。
そして、そのドラムテック・ブランドのスティックケースを
プレゼントされる。キラキラで今流行の柄やん!2つ渡され「こちらはSATOKOさんのです!」ホンマにありがとう。さて、今日はドラムクリニックだ。明日コンペティションに参加するドラマーや、一般のドラマーたちが参加して、真面目にドラムを勉強するという企画だ。
アジア全域での傾向だが、今回もキッズ・ドラマーが多い!まず第1部は一般ドラマー対象のドラムクリニック。
第2部お得意様用の限定クリニック。いつもお客さんをランク分けするのもアジアの特徴だ。何かを買うといきなりVIP会員になるのね。
今回多かった質問の内容は「ソンゴのパターン、左足のクラーベ、モーラー奏法」などなど、やはり興味の対象は世界共通だ。
さて、僕のデモ演奏の時間がやってきた。
もちろん口琴〜ディジュリドゥ、そしてドラムソロ、楽曲(KOZO-kaikakuGEKIDA)の演奏を披露した。
1,thai09groove.JPG2,thai09michin.JPG3,thai09conbini.JPG4,thai09clinc_post.JPG5,thai09nabe3.JPG6,thai09nabe.JPG7,thai09nabe2.JPG8,thai09soo.JPG9,thai09soo2kirakira.JPG10,thai09kozostick.JPG11,thai09snake.JPG12,thai09clinik.JPG12,thai09clinik2.JPG13,thai09clinik3.JPG14,thai09custmer.JPG15,thai09clinc_kozodemo3.JPG16,thai09clinc_kozodemo5.JPG17,thai09overtop.JPG18,thai09patica1.JPG19,thai09patica2.JPG20,thai09clinc_kozodemoDTX.JPG21,thai09sighn2.JPG22,thai09sighn.JPG23,thai09sighn3.JPG

2009/11/19
シンガポールからタイ(バンコク)へ移動日
シンガポールからタイにやってきた!今日はフリータイムがあるということで「何かやりたい事、どこか行きたいところはありますか?」と聞かれ「う〜ん、やはり民族楽器の工房の見学かなぁ」ということで、やってきたのが郊外にある工房。日本ではなかなか売っていない高級なパドゥの木製の「ラマナー」と「トーン」の購入を密かに目論んでいたのだ。
沖縄のパーランクーとそっくりな「ラマナー」とアラブのダラブッカとそっくりな「トーン」は古典音楽合奏に用いられる打楽器!自分の左右に置き、両手で座奏する。僕は工房のかわいい娘さんに「これ、どうやって演奏するの?」とプレイをお願いした。「こうやってやるのよ!でもワタシのはナ〜ンチャッテだから、お兄ちゃんの方が完璧よ!」てことでお兄ちゃん登場。
動画を撮影させてもらったが、タイのガムランよりも厳かな感じで、ゆったりしたリズムだった。
ここは皇室御用達の工房。打楽器だけでなく弦楽器も製作している。なんと、タイのプリンセスの使う楽器もここで製作しているらしい。
飾られたプリンセスの写真はジョニー大倉にそっくり(スンマセン汗)。
さらに壁に飾られた写真には秋篠宮夫妻が!なんと、この工房を視察に来たという。
すっかり打楽器の演奏が聴きたくなった僕は、夜はガムランのライブ演奏しているレストランへやってきた!
1,thai_airport.JPG
なんと、タイの空港にある神様はディジュリドゥを持っている!!
2,airport2.JPG3,airport1.JPG4,benzu.JPG
このバス、ホンマにベンツかぁ??マークだけとちゃうかっ!
5,tuktuk.JPG6,boy.JPG7,dogs.JPGfactory.JPGfactory1.JPGfactory3.JPGfactory4.JPGfactory5.JPGfactory6.JPGfactory7.JPGfactory8.JPGfactory9.JPGfactory10.JPGfactory11.JPGfactory12.JPGfactory13.JPGfactory14.JPGthai_gamelan.JPGthai_gamelan2.JPG


2009/11/18
シンガポール ドラムクリニック本番
ホール名: Ngee Ann Auditorium, Asian Civilization Museum(アジア文明博物館、義安豊堂)
動員: 150名
共演ドラマー: Er Chow Kiat : http://www.eck.sg/  

午前中はフリータイムという事で、朝10時にかねてから気になっていた「リトル・インディア」に出向いた。このインド人街は、想像よりもかなり広く、1つの街と言える感じだ。あのL.Aの「リトル・トウキョウ」よりもはるかに広い!イスラムのモスクやヒンズーの寺院などもあって、本当のインドに来た錯覚にさえ陥る。特にヒンズーの寺院ではいろんな神様が奉ってあって、ありがたすぎる!手数の神と言えば「千手観音」!それはもう美しすぎる。しかし驚いたのは人を食う神様。これは大迫力で鳥肌ものだ!すっかり影響された僕は、おみやげもの屋さんでサラスワティー(弁財天)を購入。これは芸能の神様!井の頭公園と同じルーツの神様。歩くうちにインド楽器の専門店を発見。展示されていたのはタブラ・バヤ、シタール、タンプーラー、シャンハナーイーなどなど。そしてインドのタンンバリンと言えば「カンジーラー」ジングルが1つでトカゲ皮。さて、本業のドラムに戻らなければ。シンガプーラ・プラザに移動して「ビート・スポット」を視察。ビート・スポットとはアジアで展開中のヤマハ特約店。そしてLM関連をまとめた楽器店を指す。ジルジャン・シンバル、ヤマハドラム、さらにDTXはDTXTREME3、DTXPRESS IV、DTXPLORERまで展示されていた。店頭には巨大な僕のポスターが!ポスターの人が来た!ということで隣の教室の受付までザワザワとなり、店長さんが登場。スタッフと集合写真を撮影することに。年末セールのチラシは、今日僕がプレイするステージ・カスタムのバーゲンセールが目玉になっていた。
昼食後にホールに入る。会場は「Ngee Ann Auditorium」2007年に出演したのと同じ会場。博物館の隣に位置する、とてもキレイなシアタースタイルのホールだ。ステージには今回使用するステージカスタムのフルセットとDTXPRESS IVが仮組みされている。いつも、ここから自分の高さ、角度の微調整とチューニングが入る流れだ。新品のドラムをチューニングして自分の音に仕上げて行くのは快感!7時のオープンとともにいろんなお客さんが入場。この国ではマレー系、中華系、インド系の人が暮らすが、今回は欧米人が20%を占めていたのも新しいデータだ。さて、いよいよクリニックの本番がスタート。センターのいいポジションを陣取るのは、なんと今アジアで増加中のキッズ・ドラマーたち!彼らはプロを目指して、真面目にドラム・スクールに通う金の卵だ。最初のデモ演奏は、僕のクリニックの定番である「assure」の楽曲からのスタート。そして「口琴」「ビート・ボックス」「ディジュリドゥ」の倍音口撃からロング・ドラムソロに!もう口琴がビヨヨ〜ン!と鳴っただけで場内は大爆笑!
キッズたちも大喜びで、「掴み」はオッケー!そしてクリニックでの大事な儀式である「商品説明」では楽器についての知識を深めてもらうべく細かく説明。ヤマハのバーチ・ドラムの歴史に始まり、今回使用しているステージ・カスタムがバーチ製であることを紹介。そして技術的なクリニックに入る。今回お勧めのエクササイズは、いつもながらのKOZOシステム・エクササイズだが、さらに合理的に昇華されたメニューだ。1ノートから2ノーツ、3ノーツ、4ノーツの音符を順番にシフトして行く。それをバス・ドラム、ハイハットスネア・ドラムでも行うという新ネタ。さらにオッド・タイムの10種類のアプローチなどなど。回数を重ねているので内容もエスカレートして高度になっているのだ。質疑応答のコーナーでは、もっぱらキッズ・ドラマーからの質問が相次ぐ。まずのっけから、ブチかまされたのは「KOZOさんはどのテンポまで手が動きますか!やってみて下さい」!
なんじゃ、この質問は。その昔、ドラマーズ・キャンプでテリリン・キャリントンが生徒から同じ質問を受けて「あなたにオーディションされる筋合いはありません」と答えていたのを思い出すが、今回の子供の挑戦は受けなければならない。とりあえずBPM200オーバーでシングル、ダブル、パラディドルのコンビネーションを披露。その後、ツーバスの高速連打のリクエストが来たのは言うまでもない。キッズにグルーヴの重要性を説くには、まずスピードから。アジアのクリニックも年々キビしくなってますなぁ。
終演後のサイン会は長蛇の列。ここでの人種や年齢層の幅広さにもビックリ!
1,singa09_5.JPG2,singa09_6.JPG3,singa09_7.JPG4,singa09_8.JPG5,singa09_9.JPG6,singa09_10.JPG7,singa09_11.JPG8,singa09_12.JPG9,singa09_13.JPG10,singa09_14.JPG11,singa09_15.JPG12,singa09_16.JPG13,singa09_17.JPG14,singa09_18.JPG15,singa09_19.JPG16,singa09_Hall1.JPG17,singa09_Hall2.JPG18,singa09_Hall3.JPG19,singa09_RH.JPG20,singa09_RH1stagecustom1.JPG21,singa09_RH2stagecustom2.JPG22,singa09_stage1.JPG24,singa09_stage3.JPG25,singa09_stage4.JPG26,singa09_stage5.JPG27,singa09_stage6.JPG28,singa09_stage7.JPG29,singa09_drum_battleRH.JPG30,singa09_drum_battle.JPG31,singa09_drum_battle2.JPG32,singa09_sighn1.JPG33,singa09_sighn2.JPG35,singa09_sighn4.JPG36singa09_sighn5.JPG37,singa09_stuff.JPG
2009/11/17
シンガポールへ前乗り日
久々のシンガポール。空港にはヤマハAPのアズマン氏が僕をピックアップに来てくれた。
シンガポールからは、毎年ドラムフェスティバルの案内メールが来るが、その話しをすると「このところジョジョ・メイヤーがよく来ますよ。こないだはマイク・スターンのグループでデイヴ・ウエックルが来ました。
アーティストもイエロー・ジャケットとかジョージ・デュークとか、いろいろ来てまるよ!」
そこでシンガポールのドラムシーンについて、いろいろ聞いてみる。
シンガポールでは現在プロドラマー約120人、ヘビーに稼働しているのは約30人。う〜ん、そう言われてみると日本もよく似た感じで、同じドラマーばっかり活動してるなぁ。
空港から市内に向かう道から、前にも旅日記で紹介した建設中のカジノが見える。こないだも建設中の状態を見たが、まだ出来てないやん!
聞いてみると、来年にオープンするらしい。カジノがスタートするとますます全世界の人が押し寄せて、景気がアップするのだとか。そうこうしているうちに宿泊先のコンコルド・ホテルに到着。
アズマン氏、同行のヤマハ・アジアパシフィックの佐々貴氏とミーティングを行う。
クリニックの内容、楽器の紹介の進行の細かい打ち合わせ後に、夜の街に繰り出す。
シンガポールの夜はすっかりクリスマス仕様。光のイルミネーションと怪しいサンタの人形が回っている。
おおっ!前回来た時にはなかった、日本スタイルの「まんが喫茶」も登場している。
しかも看板は日本語の表記!今、シンガではこの「まん喫」が大流行してるらしい。
さて、いざディナーに!特に名物のないシンガポールでは中華をディナーに選択。
アジア特有の水槽から新鮮な素材を取り出して調理するシステムだ。上海ガニもありまっせ!
singa09_0_1.JPGsinga09_0_2.JPGsinga09_1.JPGsinga09_2.JPGsinga09_3.JPGsinga09_4.JPGsinga09_5.JPG

1  2
手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.