手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

2009/5

2009/05/18
トイ・パーカッション
おもちゃっぽいパーカスを集めてみました!
一番後ろは「チューブ」。振り回すとヒュンヒュン♪と不思議なサウンドがっ!
その右側ダイソーのマラカス。
左側は「でんでん太鼓」。センター上段は中国製の「木魚」、その前は「ラチェット」。
前面左側は「鳥の笛」。
右側は愛用の「セミ」。
Toy_perc.JPG

2009/05/17
手作りパーカッション Hand Made Percussion
これは今は亡きフルテツ(古谷哲也)さんとパーカスを小学校の講堂で指導して回っていた頃に使っていた楽器たちだ。
左からオタマのカスタネット"オバケ"、スプーンのカスタネット"スプネット"
ヤクルトの容器のマラカス"飲みカス"、オケのクイカー"オケッカー"。
そして洗濯板のギロだ!
Handmade_perc.JPG

2009/05/17
タイ・ドラム Thailand Drum
左からマレーより伝来の太鼓"クロン・マラーユ"、真ん中はタイの太鼓"ラムウォン"。
右側はタイの小学校でも使われているクロン・ヤオ。
購入時に女性の下着っぽいピンクの布が被せてあったが、ちょっと恥ずかしくて外してしまいました(笑)。でも外してはいけない神聖なものだったかも。
すべてタイでドラムクリニックを行った時に主催者の楽器店にて購入。
左端のプラスチック製のが一番高価だった。
天然木よりプラスチックの方が高いというのは日本で考えると不思議!
Thai_drum.JPG

2009/05/17
ダラブッカ Darbuka
センターがトルコ式、両サイドはエジプト式(左はレモ製、右は本物の高級品)。
真ん中のトルコ式はリムが出っ張ってるので、普通に叩いたら痛いのだ。
なので指パッチンの技術を最大限に駆使してプレイ!
両サイドはエジプシャン・タブラなので、手に優しく高速で連打できる。
でもやっぱ、指のテクはめっちゃ要ります。
シライ・ミュージックの白井くんとダラブッカ同好会をやろうぜっ!と盛り上がり、なんと白井くんはダラブッカ同好会のサイトまで作成!
その後、忙しくなったらしく音信不通なのだ。
お〜いっ!
下段の写真のマニアックなヤツは本場のエジプト製!
陶器製シェルで魚の皮が貼られている。
表面はタイルを箱根の寄せ木細工状態に貼り合わせた仕上げ。
チューニングするには電球を入れて暖めたり、クーラーの吹き出し口で冷やしたりと、超大変だ。
Dumbeck.JPG
egypt1.JPGegypt2.JPG

2009/05/17
タブラ Tabla
インド北部の太鼓"タブラ"。
左が高音用でウッド・シェルの「タブラ Tabla」。
右側が低音用でメタル・シェルの「バヤ Baya」。
かなり昔、ザギール・フセインのプレイを見て、この楽器はエグい!
ワシもぜったい叩けるようになりたい!と購入。
しか〜し!あんなん絶対できましぇ〜ん!
ダラブッカと併用して雰囲気ものとしてレコーディングに使ってます。
Tabla.JPG

1  2  3  4  5
手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.