手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE

2009/4

2009/04/12
ヘピニケ、クイーカ Repiniqui,Cuica
ブラジルのサンバの定番楽器「ヘピニケ」(写真センター)!
通常、片手にスティックを持ってプレイするが、もう片手は素手!
激痛が伴う楽器なので、かなり避けて来たが、バツカーダでは、このサウンドが欲しい。
クイーカは「摩擦楽器」。濡れた布で中の竹の棒を擦って音を出す!
左側はLP製で動物のリアルヘッドを装着。
右側はREMO製でプラスチックヘッドを装着。
とてもユニークな音色!
往復運動なので、おもしろいリズムが出せる摩訶不思議な楽器。
Repinique&Cuica.jpg

2009/04/11
トルペード、ヘコヘコ、シェーカー、メタル・カバサ。
左端の楽器「トルペード」は「オルキージャ」という櫛でプレイ。
ブラジリル音楽には欠かせない楽器だ。
センターのスプリングの付いた楽器は僕の得にお気に入りの楽器「ヘコヘコ」。
メタルのボディに貼ってある、ただのスプリングでありながら、金属の棒でプレイしているとブラジルのすべての楽器の音が聞こえる気がする不思議なヤツ。
右前は「メタル・カバサ」。
リズムテック製(カバサ3個のセンター上段)はドラムセットにマウントでき、ドラムをプレイしながら、そのロールの音が得られる。 
右上段は缶詰のシェーカー「リズム缶」。
センター右上はリズムテックの「ライブ・シェイカー」「スタジオ・シェイカー」。
shaker_metalkabasa.JPG
2009/04/11
カウベル、アゴゴベル Cowbell,Agogobell
カウベルはキューバン•ビートで使用するが、アゴゴはブラジル系。
同じ写真におさめてしまったので、リズム教育関連の人から非難の声が聞こえてきそうだ。
とりあえず「ベル」繋がりということでご容赦を!
左上の太鼓のアゴゴは文字通りREMOの「アゴゴ•ドラム」。
その右隣のワイルドなアゴゴはアフリカ製の「アフリカン•アゴゴ」。
手前のアゴゴは僕のお得意の「ピート•エンゲルハート」のアゴゴだ。
Cowbell_agogo.JPG

2009/04/11
ギロ、マラカス、クラベス Guiro,Marakasu,Claves
ラテン・ミュージックの必需品!
キューバン・ビートはクラベスで「クラーベ」を提示して、マラカス、ギロで躍動感あるグルーヴが完成される!
ミニ•マラカス、タマゴ•マラカスはカワイイでしょ?
Guiro_malakas.JPG

2009/04/11
ティンバレス&ボンゴ Timbales&Bongo
ラテン•ミュージックには欠かせない定番のパーカッションといえばコレ!
ティンバレスはティト・プエンテ・モデル。
ボンゴは扱いやすく、簡単に鳴ってくれるREMO。
「写真を並べるならコンガ&ボンゴでしょ!」と怒られそうだが撮影の段取り上、なぜかこんなことに。スンマセン。
Timbales&Bongo.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
手数王 菅沼孝三オフィシャルウェブサイト | TE-KAZ-OH KOZO SUGANUMA OFFICIAL WEB SITE Copyright(c)2009 KOZO SUGANUMA All rights reserved.